April 06, 2012

4/21ライブ&展示の詳細です(入場無料!)

Tirashi_20120421omote 昨年も行いましたが
今年も今月の21日(土)
中目黒でライブ&写真展示
をやることになりました!
enter(これがチラシです。)

場所は昨年とは違い
駅を降りた反対側にある
今年から練習場所となっている
ジョイフルスタジオというところです。
http://joyful-studio.com/

今年よりグループ名をHeart to Soulから
「Truth Music Choir "MITAMA"」と改名して
初めてのライブとなります。

テーマは「Raise Your Potential」
ライブは14時からと17時からの2ステージで
1ステージ7曲ほどを歌う予定です。

そして13時~18時までの間は会場で私の写真が展示されます。
こちらのテーマは、ライブのテーマにかけて
「Feel the Potential ~感じるチカラ~」としました。
またステージの合間には、
メンバーが主催するワークショップなどもあります。

Tirashi20120421ura downwardleftこちらがプログラムの詳細です。
(先ほどのチラシの裏側)
今回は、曲目も予め書いてあります。
読めるかな~coldsweats01

今回は新曲を4曲ほどやります。
特徴的なのは、今回初めて
ゴスペル曲を歌わないということ。
もともと、ゴスペルを超えた普遍的な歌を!
ということで「Truth Music」という新しいジャンルを作ったこともあり
まあ、当然と言えば当然の流れなのですが
今回は、Gleeの曲や人気ミュージカル(映画)の曲
そしてマイケルジャクソンの隠れた名曲などを歌います。

正直、7曲ですがかなりキツイ7曲です。
また、終わった頃には燃え尽きてしまいそうなくらい
体力的にハードな曲が多いです。
なので、聴きごたえはあるかと思います。

そして!チラシには書いてありませんが
昨年の夏のライブで歌われました
私が作詞した、あの名曲(?)「風に吹かれて」
リクエストにお応えするという形で、急遽追加されましたshine

今回は、若干アレンジを加えて
”春風バージョン”という感じでお送りします。
よかったら是非遊びに来てください!

ちなみに写真の展示は
会場の雰囲気を盛り上げるための
ディスプレイ的な展示が中心になりそうです。
ただ、今回初めての試みとして
超巨大プリントを展示する予定です。

また一味違った展示になると思うので
そちらも是非楽しみにお待ちください。
まだ、準備はこれからなんですけどね・・・coldsweats02

会場は、中目黒の駅から徒歩10分弱ぐらいです。
アクセスはこちらのページに詳しく載っています。
http://joyful-studio.com/modules/access/

目黒川沿いはオシャレな店も多く
天気がよければ気持ちのいい散策路ですが、迷いやすいので
初めて来るときは、
上のアクセスマップの道順を歩いた方が無難です。

また、スタジオといってもセミナールームのような部屋で
ある程度の広さはありますが
ぎゅうぎゅうに詰めても50人がMAXかと思いますので
時間に余裕を持ってお越しください。
なんてったって入場無料!予約不要!
カジュアルなライブですので
ふらっと遊びに来てもらえるとうれしいです!

当日、会場でお会いできることを
楽しみにしていますsmile

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2012

私事を超えて

Sp1040573_trm (すごく久しぶりに、
 告知以外の記事を書きたいと思います。
 いつも告知ばかりですいません
 coldsweats01

一昨年の秋頃から
「Heart to Soul」というコーラスグループに参加していますが
今年に入ってから、私の中の意識がちょっと変わってきました。

きっかけは、昨年末に大井町アトレで行われたライブでした。
今まで、ホールやお寺など、
いろんな会場で、何度かライブを経験していましたが
そこにはメンバーの家族、友人、知り合いなどが大半で
ある意味、身内の発表会的なところもありました。

ところが、この年末のライブは、
JRの駅ビルのショッピングセンター内の広場が会場だったので
もちろん、常連さんも来ていたかと思うのですが
多くが、たまたまその場に来ていた、
私たちのことを知らない人達でした。

そんなオープンスペースでのライブでしたが
いつしか吹き抜けの上階の通路まで人で一杯となり
とても多くの方が、足を留めて私たちの歌を聴いてくれました。

そして、終わった後の駅ビルの担当スタッフや
店長さんの反応などを見るにつけ
私たちの伝えたいことがしっかりと伝わったことがわかりました。

そのことを目の当たりにしたとき
私の中から「これが、私たちにできることなんだ」
という感覚が起こってきました
今、私が歌っていることの意味というか
なんのために歌っているのか、
ということが分かったような気がしたのです。

その時から、私にとって歌うことは
完全に自分の楽しみを超えました。

今までは、自分にとって歌うこと自体が楽しくて
ステージで歌うことも楽しくて
それが活動していくモチベーションの大半だったのですが
自分の欲求を満たしたい、というところから
歌を通じて誰かに大事なものを届けたい
というところに、自分の中でシフトが起こりました。

言ってみれば、歌う目的が
自分の楽しみという小さなものから
誰かに、音楽の中にあるエネルギーを伝えていくという
より大きな目的に変わったのです。
すると、自分の中の優先順位がぐんと上がってきました。

つまり、練習へのモチベーションが格段に上がったのです。
そして、純粋に「もっとうまくなりたい!」
という思いが湧き上がってきました。

以前、カラオケなどで歌っていたときは
自分が「うまい」と言われたくて
「歌がうまい自分」を自分で感じたくて
一生懸命うまく歌おうとしていました。
ところが、今では全くそうは思わないのです。

”うまい”と思われたいからではなく
より、伝えたいことを伝えられるようになるために
スキルを上げたいと思うようになったのです。

さらに
「聴いている人に感動を届けている”自分”」を感じたい
とさえも思わなくなりました。

ちょっと前に、妻が面白いことを言っていました。
彼女は、自分のやっていることがエゴから出ているlものかどうかを
確認する方法として、次のような問いかけを思いついたのです。

「あなたは、透明人間のような存在で、
 誰かに何かをやってあげたとしても
 あなたがやったということは誰にも分からずに
 神様が奇跡を起こしたとしか思われません。
 それでも、あなたはそれをやりたいですか?」

自分が「すごい!」と思われなくても
「あなたのおかげ」と感謝されなくても
それでもやりたいことは何なのか?

私にとって、今歌うことがそのようなものに変わってきています。
もはや、ライブで歌っても、誰かにうまいと思ってもらわなくても
全く構わないという気がしています。

ライブのステージで、たとえ自分の身体が透明になっていて
誰からも見えなくても、全然問題ないと思います。

もちろん、「よかった」と言ってもらえればうれしいし
歌うこと自体、楽しいことには全く変わりないのですが
お客さんが反応するとかしないとか、なんていうことも
もはやあまり大きな問題でないような気がしています。

日頃から、何を伝えるのかを明確に意識しながら
しっかりと練習して
高いエネルギーを出しながら
「ただ歌う」ということができていれば
聴いてくれる人が何を感じても、また感じていなくても
必要な時に、必要な人に、届けたいものは届く
という、確信のようなものがあるからです。

音楽に限らず
何かを表現するときに、私が目指しているのは
できるだけ私事を超えて、
そのものの純粋なエネルギーを伝える、ということです。

映画「地球交響曲(ガイア・シンフォrニー) 第6番」で
ピアニストのケリー・ヨストが語っていた言葉が
とても印象に残っています。

正確ではないですが
彼女が音楽を演奏するときには
”音楽という光の中に溶け込み、できるだけ自分を消し去ること”
が大事だと言っていました。

そしてまた、次のようにも言っています。
「私の使命は、音楽の通り道になることです
 そのために可能な限り自分自身を清め
 自分の波動を整え、透明になりたいと思っています。

 たとえ、聴いてくれる人が一人もいなくても
 小さな一人一人が、自分にできることを精一杯やっていると
 それが自然に響きあって、
 いつの間にか大きな力になっていく」

(吹き替えのナレーションより)

まさに、このように在りたいと思っているのですが
写真などは、まだ残念ながら
人から「いいね」と言われたいという気持ちがあるよな~
と感じています。
撮っているときは、割と純粋でいられるんですけどね・・・。

歌うことに対する自分の中の意識の変化を
他の活動や、普段の生活の中でも
できるだけ取り入れていけたら
と思う、今日この頃です。delicious

ちなみに、「Heart to Soul」というグループ名は
今年から「Truth Music Choir ”MITAMA”(みたま)」
という名前に変わりました。

ちょっと不思議な感じの名前ですが
とりたてて以前と変わったところはなく
今練習している曲も、Gleeの曲やマイケル・ジャクソンなど
普通のポピュラー曲ばかりです。

ただ、私たちは日本人として、
人々の魂に届く歌をこれからも歌っていくのであり
その気持ちを、今までよりさらに高く持っていくんだという姿勢を
それにふさわしい名前で表しただけのことだと思っています。

4月には、今年初のライブが
今年から練習場としている中目黒のスタジオで
行われる予定です!

詳しくはまた告知しますので(また、告知かい!)
よかったら、遊びに来てくださいね!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 29, 2011

「風に吹かれて」ライブ動画アップされました。

先日行われたハート・トゥ・ソウルのライブ
「Catch Your Dream#3」で私が作詞・ソロを歌わせていただいた
「風に吹かれて」のライブ動画がアップされましたので、
ご紹介します。movie

まずは、歌に先駆けてこの歌ができた経緯や、
この歌に込めた思いなどを語っています。karaoke

引き続いて、歌です。notes

前のブログでも書きましたが
前半の最後で一度声をからしているのもあって
歌自体はまだまだですね・・・。
(からしてなくても同じかな?)bleah

さて、これからのライブの予定をお知らせしておきます。bell

one11月5日(土)14時 金剛院(西武池袋線・椎名町駅すぐ)

 ハート・トゥ・ソウル初、お寺でのライブです。※入場無料
 http://www.kongohin.or.jp/

two12月3日(土) クリスマス・ライブ

 今回は、昼、夜2回やる予定だそうです。
 場所は池袋にあるシャロン・ゴスペルチャーチです。
 http://www.bridalmission.co.jp/sharon/index2.html

詳細はまた追ってお知らせしますね。happy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2011

想いを伝えた夜~ライブ報告、裏話つき、動画あり~

250197_266600716686632_100000101171去る8月3日
めぐろパーシモン小ホールで
Truth Music Choir、ハート・トゥ・ソウルの
夏のライブ「Catch Your Dream」
が行われました。note

当日は、激しい夕立が降るなど、大変蒸し暑い中
大勢のお客様に来ていただき、おかげさまで満員御礼でした。full

今回のライブは、昨年末のクリスマスライブでの経験を生かして
バンドとの音のバランスや、衣装の統一感
生の歌声をできるだけ聴かせていくことなど
様々な点で改良されていました。

また、この「Catch Your Dream」は
テーマが「夢」と,、はっきりしていていることや
プログラムの要所要所に日本語の歌が
しかも、それぞれかなり歌自体に
パワーのある曲が歌われたこともあり
聴きごたえのあるステージになったのではないかと思います。

実際に何人ものメンバーから、
聴きに来ていただいた方の感想を聞きましたが
おしなべて「非常によかった」というものが多かったようです。

個人的にはやはり、自分の作詞した「風に吹かれて」
が歌われたということが、一番大きな出来事でした。flair

ただ、ここで裏話があるのですが
この曲を歌う前、1部の最後の曲の途中で
私、実はなぜか声が出なくなってしまったのです。
それまで調子よく歌っていたのですが、自分でも原因が全く分からず
1部が終わって、バンドの方々が演奏されているとき
(私たちは休憩時間)には、一時途方に暮れていました。shock

「風に吹かれて」は、後半2曲目に歌われることになっていて
歌の前には、この歌が作られた経緯などを
3分ぐらいスピーチすることにもなっていたからです。

まだコーラスなら、多少声が出なくてもなんとかごまかせますが
よりによって他に代わりのないソロの前に
なんで声をからしてしまったたのかと
一時は本当に絶望的な気持ちになっていたのですが
なんとか気持ちをとりなおし
トイレで一所懸命うがいをして、少しでも声が出るようにと
バンド演奏の時間中、ずっとリカバリーに努めていました。

そのかいあってか、少しは声が出そうな感じにはなりましたが
それでもまだまだ、突然すっとんきょうな声が出そうな状態で
「こんなんで歌えるのだろうか」という気持ちで舞台袖に戻りました。

「みんなに迷惑かけてしまう」
「ディレクターの鬼無さんに相談しようか」
などといろんな思いが頭の中をぐるぐるしていましたが
ようやく「もうこうなったらやるしかない」と腹をくくることができ
「この1曲だけで後歌えなくなってもいいから、
 これだけは歌いきろう」と後半の舞台に出ていきました。

そして、いよいよ2曲目となり
ソロ用のマイクの前に立ちましたがkaraoke
なぜか不思議と全く緊張しないのです。
驚くほど落ち着いて、スピーチをし、そして歌いました。
いつ声が出なくなるか分からないので
本当に気持ちだけで歌いましたが
とどこおりなく、私の番は終わったのです。

これもまた不思議なことに
その後も、ちゃんと声は出続けていて
結局、最後まで歌いきることができました。
なんとも不思議な経験でした。

実は、ライブの前に
今回は事情があってステージに立たないメンバーで
バンドのボーカルをやっている方に
ソロを歌うときの心構えなどについてアドバイスもらっていました。

彼曰く「技術云々より、最後の一瞬まで、自分のためではなく
誰かのため、聞いてくれる方のために歌えるかが大事」とのことで
そうかぁ、そうだよなぁと頭では理解しつつも
私としては、具体的にはどうしたらそのように歌えるのか
今ひとつつかめずにいました。

ところが、はからずも
突然声が出ないアクシデントに見舞われ
自分のことをどうのこうの言っていられない状況に追い込まれて
結果的に、自意識の全く落ちた状態で
目の前のお客様になんとかして想いを伝えたい
という気持ちだけで語り、歌うことができた。
そこで、やっと彼の言ったことが少し分かった気がしたのです。

緊張するのって、
自意識やエゴがあるからなんだな~って思いました。
うまく聴かせたい、失敗したくない、ああなったらどうしようなどなど
緊張するときにうずまく思いは、自分のことばかり
それがすっかり落ちちゃったら
そこには誰かに伝えたい思いだけが残っていました。

ライブ終了後、ホールでお客様をお見送りしましたが
何人もの方から「良かったです」と言われ
「伝わったんだな~」と実感しました。
とてもいい経験をさせてもらえたと
天の粋な采配に感謝しました。

ということで、 無事大成功で終わったライブの
当日の演奏の様子が動画で公開されましたのでご覧ください。movie
全部で2時間近くあるものを、
前後半で約30分にまとめられています。
当日の感動を皆さんにもお分けできたらと思います。

こちらが前半部分のダイジェスト動画です。

こっちが後半部分。私が歌う「風に吹かれて」も
ちょこっと出てきます。

そしてこちらが、当日会場で販売されていたCDです。cd

Sp1040635_3 このCDでは、作曲者であり
ハート・トゥ・ソウルのディレクターでもある
鬼無さんが歌を歌っています。
(ライブで私が歌ったのとは一部メロディ
 が違います)
また、カップリングでは、ライブ冒頭に流していたインストの曲と
「風に吹かれて」のカラオケ音源も入っています。
500円で販売したのですが、当日40枚ぐらい売れたそうです。

とにかく、思い出に残るライブになりました。
男性メンバーもずいぶん増えたのもうれしいです。
次のライブがまた楽しみになりました。shine

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2011

8月3日(水)19時、めぐろパーシモン小ホールにてライブです!

Cyd

Truth Music Choirnote
ハート・トゥ・ソウルがお届けする
夏のホー​ルライブは
「夢を叶える人を応援したい」との願いを込​めて
「Catch Your Dream」と名づけられ、
今年で3回目を迎えます。
期日は8月3日(水)19時より
場所はめぐろパーシモンホールの小ホールです。
(東横線「都立大学」下車徒歩7分)

j今回のライブのテーマは「ビリーブ 夢を信じる力」。
ともすれば​不安や恐れに取り込まれてしまいがちな今、
心の奥底に​ある夢を信じて、それを叶えようとして生きていくことが​、
今まで以上に大切になってきているように思います。
今回のライブでは皆さんにこの「夢を信じる力」を感じていただけるような
曲をたくさんお届けします。
プログラムは
「OH,Happy Day」や「Joyful Joyful」などの定番ゴスペル曲をはじめ、
映画やミ​ュージカル「ライオン・キング」で歌われた「サークル・​オブ・ライフ」や
EW&Fの歌でおなじみの「Septe​mber」などのポピュラー曲から、
小学生の男の子が可​愛いソロを歌う「ビリーブ」、
ロックオペラ調に壮大に歌​い上げる「翼をください」など、
バラエティに富んだもの​となっています。

更に、今回はハート・トゥ・ソウルメンバーが作ったオリ​ジナル曲の第1弾として、
なんと私が作詞した「風に吹か​れて」という曲も披露されます。shine
(私がソロも歌わせていた​だきます)。karaoke

この曲も我ながら、今回のテーマにぴったり​の曲だと思っていますので、
是非聴いていただけるとうれ​しいです。
私たちは日頃、音楽、そして歌うことを通じて、
ひとりひとり​の心の中に光が満たされ、幸せに生きていくことをお手伝​いしたい、
聴きに来てくださるみなさんに、来てよかった​なと思えるような感動をお届けしたい
そしてそれぞれの​ご家庭、職場などにその気持ちを持ってかえり、
周りの人​達にも広げてもらえたらと願って活動しています。

何より、私たちクワイヤメンバーひとりひとりが、本当に​楽しく歌っています。
それを見にくるだけでも一見の価値​があると思いますので、
お時間が合う方やお近くの方など​、是非聴きに来て下さい。
会場でお会いできることを楽しみにしています​。

チケットありますのでticket、来ていただける方はご連絡くださ​い。お待ちしています。
(大人2,800円、子ども2,​000円)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.heart-to-soul.c​om/event.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2011

歌った♪飾った!4月24日中目黒イベント報告です

Sp1020773 先月の24日に
中目黒のレンタルスペース「さくら」にて
Heart to Soul Festival2011
が行われました。shine

すっかり報告が遅くなってしまいましたが
なかなか文章がまとまらなくてアップできなかったのです。
だらだら書いてもしょうがないので
できるだけコンパクトに報告したいと思います。

この場所は、昨年秋に参加したチャリティーイベントで
展示を行ったところです。
そのときライブをしていたHeart to Soulの歌を聴いて
それ以降私も歌うようになったので
私にとっては思い出の場所です。

Sp1020776その思い出深い場所で
Heart to Soulが
春の感謝際というイベントをすることになり
私は歌と写真展示との両方で
参加することになったという訳です。

私としては歌と写真と
両方やれるということで
ふたつ返事で参加を決めましたが
両方の準備を同時に、
しかも締め切りのある仕事を抱えながらやったので
正直、ぎりぎりまでちゃんとできるかヒヤヒヤものでした。coldsweats02

でも、結果的にどちらも満足のいくものとなり
非常に充実した1日となりました。happy02

今回の展示のテーマは「光・ヒカリ」です。
Heart to Soulのコンセプトや震災のチャリティーという意味もあり
このスペースを光で満たしたいなと思ったのです。flair

Sp1140505_trm上の2枚の写真は
展示の様子です。
今回は展示場所がガラスということで
初めての試みで、
どうなるか少し心配でしたが
結構いい感じにできました。

左の写真は、展示の真ん中に
貼ったもので
今回のコンセプトを詩にして
以前撮った写真に重ねたものです。

また、ポストカードや、ガラスに貼りこんだ写真も
希望される方にははがして購入していただくことにして
その収益を震災支援の団体に寄付をすることにしました。

結局、写真の代金以上の寄付をいただいていたようで
設置した料金箱には1万6600円ほど入っていました。
ここから参加経費や用紙代・インク代などの消耗品代を除いた
1万円を先日、NPO法人ジャパンプラットフォームへ
寄付させていただきました。dollar

このNPOは各地の被災地で直接支援活動を行っている
NPOやNGOを支援している団体で
寄付金はこれらの団体の被災地支援活動に使われます。
皆さんのお気持ちは
今頃被災地の支援に使われていることと思います。
ありがとうございました。

Sp1020780展示についてはこんなところですが
ライブもすごかったです。note
震災で1ヶ月ほど集まって練習することもできず
4月になってから急ピッチで仕上げたのですが
結構気持ちの入った演奏になったと思います。

13時と16時の2ステージで
1ステージ7曲ほど歌いました。
かなりパワフルな曲が多かったので
体力的にはけっこうきつかったです。sweat01

また、今回初めて「サークル・オブ・ライフ」という
ライオンキングの映画の中で使われている曲で
ソロを歌わせていただきました。karaoke

2ステージ目の最後の曲を歌い終わったときに
ディレクターのあきちゃんが急にこの曲のイントロを弾きだし
なんと1日3度も歌うことになりましたが
最後が一番よかったみたいです。

お恥ずかしいですが動画があるので
よかったらご覧ください。movie

こちらが前半部分downwardright

これが後半downwardright
3度目に歌った「サークル・オブ・ライフ」もあります。

8月3日には有料ですが
目黒のパーシモンホール(小ホール)で
サマーライブがあります。

こちらもよかったら聴きに来て下さいね。
またご案内します。paper

あ~、やっと書けたぜぃ。pencil
どこがコンパクトなんだか・・・。coldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2011

4月24日(日)は中目黒でライブと写真展両方やります!

Hts_festival201104まずは、このたびの東日本大震災で
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された皆様には
謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興と
皆様方の健康と安全を
心よりお祈りいたします。

おかげさまで我が家と家族は
全員無事で、だいぶ普通の生活に戻ってきました。
(節電はしてますが)

今、わたしたちに出来ることを考えたとき
自分や周りの人たちにいいエネルギーを与えることが
やはり大事ではないかと考え
このイベントの告知をさせていただくことにしました。

<<Heart to Soul 春のフェスティバル in 中目黒>>

今月の24日(日)に、昨年秋にチャリティー展示会を行った
中目黒の「レンタルスペースさくら」にて
私が参加しているTruth Music Choir、Heart to Soul
ライブとワークショップ、写真展を行うのですが
私もそこで歌と写真展示で参加します。

実は私がHeart to Soulに参加したのは
この昨年秋のチャリティー展示会で
Heart to Soulが行ったミニライブを聴いたことがきっかけです。
そういったとても思い出深い場所で
写真の展示とともに今回は歌まで歌えるとは
非常に感慨深いものがあります。

入場は無料ですが
任意で「リバース・アース基金」への募金をお願いしています。
また、詳細ははっきり決まっていませんが
展示する写真の販売収益の一部も募金させていただくつもりです。

当日のプログラムですが
11時に開場し、写真は1日中ご覧いただけます。
ライブは13時からと16時からの2回行います。
そして18時クローズ予定です。

ライブは1ステージ6曲ほど歌います。
大部分が新曲で、アップテンポあり、スローな感動モノありで
かなりパワフルな曲を集めています。
(私もはじめてソロを歌わせてもらえる予定!)

写真は、9月に同じ場所で展示した3人で
再び展示することになりました。
ちなみに私の今回のテーマは「光 ヒカリ」です。

今まで撮ってきた写真の中で
光と撮ったもの、ヒカリをイメージするものを一同に集めて
展示したいと思っています。

これまで展示したことのない作品も出していくつもりなので
ご都合のつく方は、ぜひお越しください。

会場は、目黒川の桜並木沿いにある、とっても気持ちのいいスペースです。
桜の花はもう終わった頃だとは思いますが
そのかわり、新緑がきれいだと思います。

1日限りのイベントですが
たくさんの方々のお越しをお待ちしています!

※イベントのチラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2010

ライブで歌ってきました!

先日の22日、
代々木の国立オリンピック青少年センター小ホールにて
Truth Music Choir、ハート・トゥ・ソウルのクリスマスライブが
行われまして、私も歌ってきました!

練習に参加してから2ヶ月ほどで
12曲ほどのプログラムをすべて覚えて
なんとか歌いきることができました。

終わった後の正直な感想としては
「あ~、終わっちゃった!」という感じ。
楽しいことが終わってしまったという
ちょっとさびしさのようなものを感じていました。

普通なら、ライブ当日の感動を語るところなのでしょうが
そうではなく、このような感想が出るのは
自分でも不思議でしたが
それだけ、当日だけでなく
そこに至るまでのこの2ヶ月間が楽しかった
ということなのだと思いました。

必死に音をとり、歌詞を覚え
スタジオでの練習、そしてホールでのリハと
ライブ当日を目指してやってきたこと全てが
とても充実していたこと
そして当日も、出来はともかくとして
歌い切ったという感覚を持てたことなどがあったからこそ
この感慨に至ったのだと思いました。

まあ、とりあえずの楽しみは終わってしまいましたが
また次の楽しみに向けて
新年から始めたいと思います。

すでに次のライブの予定が決まっています。
4月には9月に行ったチャリティー展示会と同じ会場で
チャリティーライブ&作品展示が行われます。
(日程はまだ確定していません)
7月にもまたホールでのライブがあるそうです。

まだまだ、お楽しみは続いていきます!

クリスマスライブのダイジェスト映像がこちらから
ご覧いただけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2010

~ハートから魂へ~ Truth Music Choirに参加しています

実は数年ぶりに歌を歌い始めました。karaoke

もともと歌うことはとっても好きなので
以前にも社労士の飲み仲間を集め
中年アカペラグループを作って歌ったり
クリスマスに来日するゴスペルクワイヤと一緒にステージで歌おう
というワークショップに参加したりなど
色々とやってはいましたが
ここ数年はカラオケにもほとんどいかず
生活の中から歌うことがほとんどなくなっていました。

しかし、9月に中目黒でのチャリティーイベントに参加した際
ライブをやってくれたあるグループの歌を聴いて
久しぶりにまた歌ってみようかなという気になったのでした。

そのグループとはTruth Music Choirの「Heart to Soul」です。
http://www.heart-to-soul.com/

以前は”ゴスペルクワイヤ”と言っていたそうですが
この10月から正式に
「Truth Musicクワイヤ」という名称を名乗っています。
宗教の垣根を越えて、普遍的な愛の歌を届けたいという
想いが込められているそうです。

私の中でゴスペルクワイヤというと
歌の内容はキリスト教の神を礼賛するもので
服装はなぜかいつも黒1色、というステレオタイプなイメージがあり
そこがあまり好きになれないところでした。

また圧倒的に女性が多いので、必然的に混声合唱であり
そうなると男声パートの音域はどうしても中途半端になってしまって
男声としては割と高いパートが好きな私としては
あまり歌っていて気持ちのよい音域がなかった、という過去の経験も
ゴスペルに積極的に参加していなかった要因でした。

しかし、9月にライブを聴いたとき
メンバーの方たちがみなとても楽しそうに歌っていて
ハーモニーもパンチが効いていてグルーブ感もあり
正直感動してしまったのです。happy02

曲目も有名なゴスペル曲だけでなく
海外のポップスや日本語の曲なども幅広く歌っていて
私の中のゴスペルクワイヤのイメージを
いい方向に裏切ってくれたのでした。

そこで10月の初めに練習を見学しに行ったのですが
そのまま練習に参加することになってしまい
気がつくと毎週金曜日に東京まで練習に通うようになっていました。

練習に行って驚いたのは、まず練習に楽譜を使わないことでした。
歌詞カードはあるのですが、
音程は指導者の鬼無さんがパートごとに歌ってくれるのものを
耳でそのまま覚えるのです。

しかもポイントを抑えて大事なところから教えてくれるので
すぐになんとなく歌えるような気になってしまうところが
不思議なんです。

もともとゴスペルは教会に来ている一般の人達に
歌を教えていたものなので
そのような練習方法は当然といえば当然なのですが
今までずっと楽譜を見ながら音をとっていたので
この方法はなかなか新鮮でした。

そしてもうひとつ、私にとってよかったのは
男声パート(テナー)に平気で高い音を歌わせること。
以前ゴスペルで歌ったときは
オクターブ下げると低すぎて、でも1オクターブ上では
高すぎて歌えないという
音域の中途半端さに閉口してしまったのですが
今回はちょうど頑張って高い音を出すぐらいの音域が多いので
歌うのが楽しいのです。

そんなこんなで、うまいことのせられるがままに
来月のクリスマスライブに出ることも決めてしまいました。
http://www.heart-to-soul.com/event.html

第1部、第2部あわせて12曲もの曲を歌わなければいけないので
今必死に音をとり、歌詞や曲の構成を覚えているところです。
でも、一度歌ってみたかった映画「天使にラブソングを2」の中の
「Joyful Joyful」や「Aint No Mountain High Enough」などを
思いっきり歌えるのが、今から楽しみです。notes

ライブの日程は12月22日(水)
場所は国立オリンピック青少年センター小ホールです。
(小田急線 参宮橋又は千代田線 代々木公園下車)
時間は19時開場、19時半開演となります。
会場の関係で(国立だかららしいが)
当日券の販売ができないそうなので
聴いてみたいなという方がいたら
私まで連絡くださいね。mailto

練習の最後に、指導されている鬼無さんが
なぜHeart to Soulを作ったのか
何を伝えたいと思っているのかという想いを語ってくれるのですが
それがいつもとても感動的なのです。

私達のような素人が一生懸命に歌い
ひとりひとりがキラキラと輝いている姿が
聴いている人に感動を与え
その人達がその輝きと感動を誰かに分けていく。
それが世界中の人々がキラキラとした笑顔で
幸せに生きていく世の中につながっていく。
そのことを信じて私達は歌うのだと。

そこまでのことが伝えられるかはまだ分かりませんが
でも会場に来てくださる方に全員の声とハーモニーを
しっかりと届けられればと思っています。

なので、是非お時間の都合のつく方は
聴きに来て下さいね。
きっと年末最後の感動をお届けできると思います。たぶん。

さてさて、あと1ヶ月、ひたすら練習だ~punch

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

音楽リストをなんとかしたい

先日、しばらく放ったらかしだった
音楽リスト「これ聴いてみて~!」をメンテナンスした。

しばらく使っていないうちに
リストを登録すると自動的に検索して
リンクとジャケットの画像を表示してくれるようになっていた。

が、しかし、その検索がどうも不正確。。
紹介しているアルバムとリンク先、そして表示される画像が違っている。
それもひとつじゃない。う~ん、どうしたものか

本リストのほうはISBN番号を打ち込むので間違えようがないが
音楽の方は勝手に検索してもらうだけなので
間違えられたときに修正のしようがない。
ブログ本文だったらソースの編集もできるのに
それもできない・・・。
(高度なWebのテクがあればできるだろうが)

なので、とりあえずブログ本文の方に
正しいのを載せることにした。
とはいえ、本文はしばらくすると奥にいっちゃうので
あんまりいい方法だとは思えないが
何かやらないと気がすまないので
ここで紹介させていただくことにする。

Icyf

ということでまず最初にご紹介するのは
シングライクトーキングの佐藤竹善&フレンズで
「introducing CROSS YOUR FINGERS」

左下の音楽リストでリンクされているのは
次に発売された”II”の方なのですが
私がお勧めしているのは”I”(とは書いてないが)の方なのです。
「WILL」「With You」「心のEvergreen」「きっと何時の日か」
「Spirit Of Love」そして「La La La」といった
シングライクトーキングの名曲や
「Guilty」などカバー曲(これ、なかなかイイです!)を
アレンジを変えたり他のアーティストとコラボしたりしながら歌っています。
オリジナルに負けず劣らず、全く新しい曲として輝いていますし
アルバム全体の流れもとてもよく
ライブアルバムとは思えないほど音もきれいなアルバムです。

Gr そして次にご紹介するのは
渡辺香津美の「ギター・ルネッサンス」
これもリストでリンクがついたり
ジャケット写真が出ているのは
一番新しい”IV”なんですが
私がお勧めしているのは
やっぱりこれも”I”(って書いてないけど)の方なのです。

とにかくジャケットのデザインから音楽の雰囲気とよくマッチしていて
とてもシックでおしゃれなアルバムです。
1曲目の「無伴奏チェロ組曲第1番」(バッハ)
を聴くだけでも価値があると思います。

まあ、このシリーズはどれもいい曲が入っているので
お好みで選んでいただければいいんですけどね。
(IIIに入っている「天国への階段」もオリジナルっぽくていいかも、です)

Orii_1

そして最後はビギンの「音楽旅団II」
こちらは”II”をお勧めしたいのに
リンクがついているのはなぜか”I”の方。
けっこう古いアルバムですが
名曲ぞろいなので、まあいっぺん聴いてみてください。

ということで、とりあえずお勧めしたかった
”正しい”方をお伝えすることはできた。
1ヶ月もすればアーカイブの中にうずもれてしまうだろうが
今月の間ぐらいは自己主張させてもらいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)