« March 2014 | Main | May 2014 »

April 15, 2014

マイフォト3月分アップしました!

P1190498trmマイフォト2014に
3月撮影分の写真を
アップしました。

さすがに3月になると
そこここで春の気配が出てきて
撮影枚数もぐんと増えました。
その分、まとめるのに
少し時間がかかりましたが
なんとか、ためずにアップできてよかったです。

今回、がぜん草花の写真が多くなりましたが
昨年、スギナの生えている場所をチェックしておいたので、
今年は土筆の写真もたくさん撮ることが出来ました。

本格的に春爛漫となる直前の季節の
雰囲気を感じていただければと思います。

すでに今月は、先月を上回るペースで撮っています。
桜をはじめ、いろんな花がどんどん咲いてきているので
無理もないところですが
なんとか、来月の早いうちにアップできればと考えています。

是非お楽しみにお待ちください。
それまでは今回アップした写真をご覧になっていてくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2014

気になる木

P1200392trm2

以前から、
ずっと気になっている木がありました。
仕事場に行く途中に通り過ぎる、
公務員官舎の中庭に
とてもいい枝ぶりの木が立っていたのです。

「あれは、なんの木だろう・・・?」
近寄って確かめたいのですが、その願いは叶えられません。
なぜなら、その官舎はすでに閉鎖されていて
その木は、シャッターで閉ざされたゲートから
一番遠いところに立っていたからです。
人気のない、その官舎の横を通るたびに
私はいつも遠くから、その木を眺めていました。

ところが先日、久しぶりにその横を通ったところ
なんと、きれいなピンク色の花を咲かせていたではないですか。
その木は、桜の木だったのです。

「そうか、君は桜の木だったんだね・・・。」
まだここに、たくさんの人々が住んでいた頃は
きっと毎年、この桜が咲くことを、
みんなで楽しみにしていたんだろうな・・・。
そう思うと、満開の桜の木の周りで駆け回る子供達や
それを見守りつつ、
桜の木を愛でる大人たちの姿が目に浮かぶようで
逆に、今や人っ子一人おらず、広~いスペースにぽつんと立ち
誰も見ていないのに、ひとりただ咲き続けている姿が
一層さびしく思えてきました。

思わず駆け寄って、その幹に触れてあげたい
近くで声をかけてあげたい
そんな気持ちも、込み上げてきました。

でも、そこでふっと思ったのですが
きっと、そんな気持ちは、人間の勝手な感傷で
桜の木は、人がいようといまいと
時が来れば、毎年花を咲かせ、葉を茂らせ
紅葉し、葉を落として、また次の春を迎えるのでしょう。
植物は、いつだって、そうやって生きているのです。

もちろん、人に愛でられれば、うれしいのかもしれませんが
誰も見ていないからといって、花を咲かすことをやめたりはしない。
桜は桜として、いつもただ生きているのです。

きっと、そう遠くない時期に
建物は取り壊されることでしょう。
そうすれば、この桜の木も、
ここからいなくなってしまうのでしょうが
それまでの間は、時折この横を通り
この木が四季を過ごしていく様子を
遠くから見守っていたい
そんな気持ちになった、ある春の日でした。

Continue reading "気になる木"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »